サントリー マカ『冬虫夏草配合』を飲みはじめました!リアルな感想・口コミ

menu

【サントリーのマカ冬虫夏草配合】を飲みました!効果・口コミ・感想

サントリーフラワーズの青いカーネーション「ムーンダスト」とは?

本来、カーネーションには青色色素が存在しません。

このため、「青いカーネーション」というのはなかったのですが、サントリーとオーストラリアのフロリジン社の共同開発により、遺伝子組み換え技術による青いカーネーション「ムーンダスト」が生まれ、1997年から発売されました。

その後、サントリーの花部門は2002年に独立してサントリーフラワーズとなり、現在もムーンダストの販売を行っています。

 

ムーンダストは、もともと青いバラの開発過程で生まれたもので、ペチュニアなどの青色色素を作る遺伝子を採取し、カーネーションに組みこむことで、青い色を出しています。

2004年には、その青いバラとともに、生花としては初めてとなる、グッドデザイン賞金賞を受賞しました。

 

一言に青いカーネーションと言っても、種類展開があり、1本にひとつだけ大輪が咲くスタンダードタイプ4色と、1本に複数の花が咲くスプレータイプ2色があります。

スタンダードタイプは、アクアブルー、ライラックブルー、プリンセスブルー、ベルベットブルーの4色で、アクアブルーからベルベットブルーにかけて色が濃くなっていきます。

スプレータイプは、サファイアとアクアマリンの2色で、サファイアの方が色味が濃くなっています。

どの色も、青といってぱっと思い浮かぶ色より、少し紫がかっていますが、やはりその神秘的な美しい色はとても魅力的です。

また、大変花持ちがよいことも特徴で、種類によっては1ヶ月咲き続けるものもあります。

 

珍しい花ですので流通量は少ないのですが、取り扱っているフラワーショップは全国にあります。

手に入れることができれば、特別な日を彩る特別な花となりますね。

それにしてもサントリーってやっぱり・・・すごい。。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー