サントリー マカ『冬虫夏草配合』を飲みはじめました!リアルな感想・口コミ

menu

【サントリーのマカ冬虫夏草配合】を飲みました!効果・口コミ・感想

サントリーグループの環境活動についてまとめました!

サントリーグループは、「人と自然と響きあう」という企業理念のもとに、自然の恵みに支えられる企業の責務として環境経営を推進して、「天然水の森」で森林保全活動や容器包装の軽量化など、様々な環境活動を積極的に行なっています。

 

先ずひとつは、「天然水の森」の活動です。

「水と生きる会社」であるというキャッチフレーズがある位、サントリーにとって「水」は欠かせない大切な資源です。

今はまだ豊かな水も、森が元気をなくしてしまえば、その美しさを失ったり涸れたりすることがあると学び、「工場で汲み上げる地下水より多くの水を生み出す森を育む」ことを約束して、それにまつわる活動を行なっています。

 

次に「愛鳥活動」を挙げることが出来ます。

この活動は、ウイスキーづくり50周年を迎えた記念事業として、1973年に「愛鳥キャンペーン」がスタートしたのが始まりです。

鳥を守ることは人の暮らす環境を守ることにつながるとし、高度成長と共に失われていく豊かな自然を想い、野鳥のイラストを使った意見広告を新聞にシリーズ掲載され注目を集めました。

 

同じ年に、白州蒸溜所の敷地の3分の2を森にして「鳥の聖域」として、野鳥が安心して住める場所を作る活動を始めています。

その後「公益信託サントリー愛鳥基金」を創設したりして、活動の一層の充実が図られています。

 

その他、サントリー次世代環境教育よして「水育」活動も行なっています。

「水育」は、子ども達が自然のすばらしさを感じて、水や水を育む森の大切さに気付き、未来に水を引き継ぐ為に何が出来るかを考える、次世代に向けたプログラムです。

「森と水の学校」と「出張授業」のふたつの活動を中心に行なっています。

 

さらに、環境方針をもとに目標とビジョンを実現していくという「環境ビジョン2050」などもあり、先々を見据えた広い視野での環境活動にも積極的に取り組んでいます。

やはりこのような活動は重要ですし、積極的に取り組んでいる企業の姿勢は尊敬に値します><

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー